とねりの庭

下々ノ者ノ下ノ庭


2件のコメント

気持ちいいこと。

ちょうどいいのは気持ちいい。

音量、構図、時間、温度、あとは距離とか。

その気持ちよさは、自分一人で完結するものよりも、自分以外の第三者が関わっておさまるとより大きいもので。

しかも「ちょうどいい」ものというのは飽きが来ず、慣れもしないため、いつでも新鮮に気持ちいい。

私は行動の指針としてこの「ちょうどいい」を持って歩く。
果たしてこれはちょうどいいか、ちゃんと気持ちいいかを感じるように気をつける。

このように、個人の主観であり、数値化できない「感覚」を指針とすることにはもちろん危うさもあるが、私にとってはこのくらいが「ちょうどいい」のだと思っている。

ちょうどいい写真がなかった。