とねりの庭

下々ノ者ノ下ノ庭


コメントする

耳心

「人間万事塞翁が馬」
30歳当時から私の座右の銘としている故事。

この故事と11年も一緒に暮らしてきて、今日知ったことがある。

辞書によると、
「人間(じんかん)」とは日本で言う人間(にんげん)の事ではなく、世間(せけん)という意味です。

なそうだ。

人前で普通に「にんげんばんじ~」と言い続けてきたよ。
それどころか、ケータイのメアドも「ningen_banji~」だよ。

顔から屁が出る思いです。

……メアド変えなきゃなぁ。


コメントする

クライマックスフォレスト

地球上のモノは全て引力を持っている。
コピー用紙も鉛筆も机も人も引力を持っている。そしてその引力はそのモノの質量と比例する。これがニュートンが発見した万有引力。思い出した?
この理論だと、いかなるモノ同士も互いに引き合うってことなので、ボールとボールもお互いに引きつけあってやがてはくっつく。但し、空気抵抗もあらゆる摩擦も小さいという条件でだけど。実際に水を含ませたスポンジを宇宙空間で握ると、水はスポンジや手にくっついたまま離れて行かないということでも証明されている。(この場合は表面張力も影響しているけれど)
我々の身の回りにあるモノで一番大きいのが足元の地球。ちなみにボールと地球の引力の差は15億倍。ここまでの差だとピンポン玉か砲丸の球かなんて瑣末すぎてどうでもよくなる。そのくらい地球が飛び抜けてデカい質量を持っていることと、空気も含めた各摩擦によって、机の上の鉛筆が消しゴムとイチャイチャしたりしないでいられる。
それでもあると思うんだ。人が大きなモノにひかれるということが。
人それぞれだろうけど、東京スカイツリーだったり重機だったりザトウクジラだったり、とかくデカいものというのはちょっと不思議な引力を持っている、そんなふうに思ったことはないかい?
10年近く前に重茂の原生林を歩くツアーに参加したんだ。そこに立つ森の巨人たちと向きあった時に感じた吸い寄せられるような感覚は今でも忘れられなくて、今もこうして思い出しちゃう。
高さ30m、周囲4mほどもあるおよそ300歳のケヤキ。目前に立つと、ついふらりとそばに行きたくなるし、手を触れてみたくなる。寄って触れたらしばらくそのままでいたいと思う。そんな経験があるから、圧倒的に大きなものにひかれることってのは、私はあると思っている。
「クライマックスフォレスト」。これはその時のツアーガイドに教えられた言葉。
自然の山が自然のままに生き続けて、やがて山の成長が終わるその時までのサイクルはおよそ800年で、その状態をクライマックスフォレストといいます。そしてこの山もそろそろクライマックスフォレストになろうとしています。そんな説明をしながらガイドが指した方向には倒れたたくさんの巨人たち。
木が成長して枝を張り、森を暗くし、地面を腐食させ、やがて樹は倒れる。
文字にすれば短いけれど、実際はこれを800年かけて一周させているという。
そういえばあのケヤキの樹だってまだ300歳か。ガイドが言った「そろそろ」は、私が考えるそろそろとは違う長さなのかも知れないな。
そしてもうひとつ。ケヤキの樹に感じた引力だってなんのことはない、地球の引力、引力のアンテナみたいなもんだったのかもしれないなと今は思う。
おかげでスカイツリーや重機の引力はどっか行っちゃったけど。


6件のコメント

偏執未満

自称ベンチマニアです。
CPUのクロックアップをしたりPCの性能を測ったりではなく、座る方のヤツです。
検索に引っかかって訪れた方々は肩を落としてお帰りください。

ベンチ─公園なんかにある長椅子のこと─
ベンチの写真を撮る「撮りベン」。
ベンチは座ってなんぼという「乗りベン」。
ベンチで弁当を食べる「弁ベン」。
ベンチの模型を趣味とする「模型ベン」。
そんなのがあるかどうかは知りませんが、書いててちょっと面白いのでツバ付けとこーっと。

さしずめ私は、ベンチのある風景を愛でる系ベンチマニアです。
なんて名付ければいいでしょうか。思いつかないので募集します。
「募集します」と書いておいて、見事にコメントゼロとか普通にありえるし、でも笑えないどころか枕をしとどに濡らす(©ヴィンセント)ので遠慮せず投稿お願いします。
んで、ベンチがある景色が好きなので、あんまり座り心地を確かめたり、そこで本を読んだりということはしないのです。どっちかといえば「撮りベン」寄りとは思うけれど、いつもカメラを持ち歩いているワケじゃないので、それともちいと違うのです。

うまく説明ができそうにないので、例を挙げます。
・木漏れ日や揺れる葉の陰が投影されたベンチ。
・海が眺められるところにあるベンチを後ろから眺める。
・バタークリームみたいな色の蛍光灯に照らされ、そこだけ浮かんで見える夜のベンチ。

例えばこんな感じなのです。
やっぱちょっと変態ちっくですかね。自分じゃよくわかりませんけど。

命名投稿お待ちしております。

ちなみに、ぱいおつよりつーけー派です。


コメントする

おっさん遊園地

遊園地が好き。
動物園と水族館はそれ以上に好きだけど。

遊園地が好きな理由は、色。
華やかな街だって色は多いけれど、それとは違って、すべてが子供っぽい色使いでコーディネートされている非日常感に心が躍るんだ。とはいえ、最後に行ってから20年近く経ってるけどね。

TDS?TDR?知らん。行ったことあるのはTDLだけ。だけどあそこは別格ね。超好き。
おねいちゃんとしか行ったことないからSweetな想いでしか残ってない。
だが正直あそこの人気住人に興味はない。
アトラクションと雰囲気、しつらえで十分。

明日は人気住人たちと会ってくる。

四十にもなりゃこんな場所のほうが好きだったりすんだけどな。


2件のコメント

Guff

アルベルトは言ったさ。

想像力は知識よりも大切だ。
知識には限界がある。想像力は、世界を包み込む。

最初にアイデアを思いついた時にバカバカしいと思わなかったら、
そのアイデアは成功しない。

Guys, Be a Guff !