とねりの庭

下々ノ者ノ下ノ庭

白昼夢

コメントする

ドライブ日和の運転中にかかってきた色気のない電話。
ウインカーを出して車を路肩に寄せた。

色気のない短い会話を済ませ、ため息をひとつ。
電話を切りながら遠くを見遣ると、男がいた。

若い緑色の草と灰色の基礎。
老いた男が硬い基礎の上に寝そべっていた。若い緑に包まれて。
片手には缶ビール。
その景色になぜか目が吸い寄せられた。

老いた男はやおら立ち上がり、こちら側を向いてドボドボと立小便を始めた。
立小便の最中に私の車に気づき、運転手の私にも気づき、
私に向かってニヤリと笑ってみせた。

小便が済むと真顔に戻り、また同じ場所に同じ格好で寝そべった。
グビリと缶ビールをあおる。
何事かをつぶやく。

自分にもあんな生き方ができるだろうか。
人の目など意に介さず、自分が生きたいように生きる。

五月の晦日の昼下がり。
色気のない電話が見せてくれたドラム缶の向こうの白昼夢。

忘れることがないように私は、シャッターを切った。

作成者: にそ丸

■東京から一番時間距離のあるまち、岩手県宮古市のとある庭から見える田舎の風景を。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中