とねりの庭

下々ノ者ノ下ノ庭

黒夜夢

2件のコメント

眠れない夜、つらいですね。
布団をかぶってまんじりともできず、待てども一向に姿を見せない睡魔。
目を瞑り、横になっているだけでも疲れは抜けるはず、起きているよりはマシだ、と自分に言い聞かせるけれど、重々承知している翌日の辛さよ。

コーヒーが好きです。飲まない日はありません。

そのくせ21:00以降に飲むと眠れなくなるほど弱耐性です。
だのに誘惑に負けて夜に飲んでしまうことしばしば。
これには昼酒と似た魔力を感じます。
翌朝早起きしないといけない夜もなぜか寝付けません。
寝なきゃ寝なくちゃというプレッシャーが睡眠を妨げていると思います。
布団に入って必ず本を読みます。
普通の日は読み始めから遅くとも一時間ほどで寝つきます。
ですが上に挙げたような日はいつまででも読み続けることとなり、朝を迎えることもしばしばです。
コーヒーにしても翌朝プレッシャーにしても、精神的な要因が大きそうですね。
そんな眠れない夜、かなりの頻度で起こる現象があります。
それは、頭の中で延々と曲作りが行われる忌まわしい現象で、私はそれを「不眠作曲」と呼んでいます。
譜面も読めないどころか、楽器など何一つできない私の頭の中で行われる新曲作り。
これがひとたび始まってしまうと大抵は朝まで続く徹夜作業となるので、翌日の指はささくれ、目の下にくまが現れます。まるで本当の売れっ子作曲家のようです。

ジャンルはその日によって違います。
坂本冬美が歌いそうな演歌、日本のガールズポップげな曲、ギルバート・オサリバンもどき、ボズ・スキャッグス調など、その節操のなさに天才を感じます。
恐らくですが、今まで30曲以上は作曲していると思います。
しかもけっこう名曲だったりするので、できることなら世の中に出してあげたい。
仮に私が譜面を書けたり、なんらかの楽器を演奏することができるのなら、きっと今頃印税暮らしをしているはずです。

眠れない夜だけに現れる作曲家。
あなたの頭の中にはいませんか?

なんか、ゴメン。

作成者: にそ丸

■東京から一番時間距離のあるまち、岩手県宮古市のとある庭から見える田舎の風景を。

黒夜夢」への2件のフィードバック

  1. 写真に下ネタぶっこんで来たか…ふう。

  2. 下ネタのない人生なんてコンタクトを装着しない裸眼0.1みたいなもんだ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中