とねりの庭

下々ノ者ノ下ノ庭

なぜ人は独り言をするのか。

2件のコメント

禊の甲斐があったわけじゃないだろうが、先日とは打って変わって今日はなんと素晴らしい一日だったかと、いささか感激さえしている次第である。
思い返せば、前回のイライラの前には素晴らしき時間を過ごしていた。
まさにこれ、禍福は糾える縄の如し。

なーんて思えるのはいい時だからなんだよなぁ。
んー、考えはするよ。「今のこの傷も、必ずそのうち治る」って。
けれどもやっぱり痛いもんはやっぱり痛くて、その痛みに気を取られる。
痛みが無いときは痛さを感じていないから、そのぶん余裕がある。

痛い時は「痛い」って言おう。言ったところで痛みは無くなりゃしないけど。
寒い日に「さっむっ」って言うように。
腹が減ったら「お腹がすいた」と言うように。
言ったところで解決にはならないけどさ。

きっとムダじゃないひとりごと。
自分が自分に同調すること。
ひとりなんだけど、ひとりじゃない。

うっわ、さみしいな、これ(笑)

とりあえず今日もなんか言っておこうか

なんて言おう

そうだな

うん。

「ここちいい」

でもやっぱチョイ落ち気味なのである。

作成者: にそ丸

■東京から一番時間距離のあるまち、岩手県宮古市のとある庭から見える田舎の風景を。

なぜ人は独り言をするのか。」への2件のフィードバック

  1. ワタシも、よく独り言、言ってます。

    • なんなんでしょうねぇ、独り言が増えるってのは。
      脳内で判断したことを、言葉にして自己確認とかでしょうか。
      無意識の独り言は別として、意識した独り言→自分で自分に言い聞かせるというのは効果あるんですってね。
      でも周りに他人がいないところで。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中