とねりの庭

下々ノ者ノ下ノ庭


2件のコメント

【実録】カメラマンにふりかかるアレ。

7月3日19時45分、曇り、無風。
月も見えない夜なのにまだ薄明るいのは、夏至から十日あまりだから。

国立公園浄土ヶ浜。
シーズン前ではあるが、人っ子ひとりいない景勝地というのは貴重なものだ。
秒ごとに光量が減ってゆく広い空間に立ち、耳を澄ます。
寄せる波に揺らされる小石たちがカラカラと奏でる軽やかな音が湿気を帯びた夜気と混ざり、私の身体を包んだ。


三脚を据え、ファインダーを覗く。
暗く遠い被写体に迷うオートフォーカスを捨て手動で焦点を合わせシャッターを切る。
自然の揺らぎに混ざる機械音。三十秒の沈黙で切り取る夏の夜がけ。

などと一人浸っていたのに、いつの間にか遠くにある人の気配
こんな時間こんな場所に、って自分も同類なんだけど、ちょっとたまげた。今の今まで気づかなかったからね。
姿を黙視できる明るさじゃないし、話し声もしないし、足が石を踏む音だけが急に聞こえたって感じ。
一人、いや二人だな。となれば上のホテルに宿泊しているカップルか?「キミのために国立公園を貸切ったぜだぜハニー」とか言っちゃうアホ男子と、そんな言葉にジュンジュンしちゃうアホ女子か? どうであれ今夜は二人だけの浄土ヶ浜島めぐりなんだろう。逝き先はローソク岩と潮吹き穴か。

などとアホおっさん妄想物語を炸裂させながら、またパシャパシャと岩の写真を撮ったが、さすがに真っ暗げになってきたので帰ることに。
機材を車に片付けて、Uターンがてらぐるりと周辺を照らしますとね、いないんだね、誰も。


あるんだよね、こういうことってさ。



会ってみたいもんだ。