とねりの庭

下々ノ者ノ下ノ庭


コメントする

HONDA with my SOUL

失ってから気づく。それがどれだけ貴重なものだったかと。

彼のライブを聴くことはさして珍しいことではなかった。
正直いえば、また来たのねくらいに思ったこともある。

真夏の青い空と海をバックに従えた三陸海の博覧会のステージ。
もともと地黒の彼は夏の光を背負ってさらに黒く、ピアノと同化していた。
終わることを知らないような晴天の夏空に溶けてゆくピアノの音。
あの頃に、同じ音色は二度とないことをちゃんと理解していればよかったと今になって悔しく思う。

音のように空へ消えた彼。
しかしその魂は消えていない。


T-shirt:Tamaya Honda
Photo:Ayumi Kudou
Soul:Takehiro Honda


コメントする

ワレ思う故に

【拭う】ぬぐ・う〔ぬぐふ〕[動ワ五(ハ四)]
1 ふいてきれいにする。「汗を―・う」「涙を―・う」
2 汚点などを除き去る。また、消し去る。「汚名を―・う」「無責任の感を―・いきれない」
─コトバンクより

なんの間違いも勘違いもなく覚えていた言葉「拭う」。
そこにきて改めて思ったんだ。「尻拭い」って、どうよ?って。
だってさ、「尻」を「拭う」んだぜ?
拭うってことはだ、拭うべきナニかが尻にあるってことだろ?
そもそも尻は涙を流さないし、汗っつったってそんな背中やワキほどかく場所じゃないだろ、尻はさ。
じゃあ何を拭うんですか? なにを拭わされるんですか?って話だよ。

ド下ネタじゃねーか。

いいか? その画を想像してごらんなさいって。自分が上司のを、とかさ。
あるか? そんな画、あるか?
ねーよ。どんなプレイだっつの。

信じられるか?21世紀の日本だのに、こんな慣用句が大手を振ってのうのうと道のど真ん中を歩いてんだぜ?海外じゃXXX扱いになってもおかしかねぇんじゃねーの?
「そんな汚い言葉をどこで覚えてきたの? ねぇ、けんちゃん!けんちゃん!!」ってママがけんちゃん(小2)の両手を掴んでおろおろ泣いてもいいぐらいだろ、こんなもん。

なぁおまえら。こんな日本、どうよ?
俺はな、俺ぁな……、大好きです。

よし、旅に出よう。


コメントする

冬支度

9月の結びを意識した投稿をしないまま10月になりさらに数日が過ぎた。
笑っちゃうくらい忙しいことも十分な睡眠が摂れないことも十数年続けてきただけに慣れっこである。
そんなことを繰り返すうちに体重はじわりじわりと減り続けていて去年から54kg台をウロウロしている。
ベスト兼最高体重が57kgなのでその差はたった3kgはあるが贅肉のない体の3kg減は文字通り「身を削って」いたのであろう。

去る8月の後半から「食べる」ことを意識するように心がけてみた。
高校生の時からの習慣で朝食を食べることはないが一日二食をきっちりと多めに摂ることと間食をすることに努力した。
その甲斐あって体重計は「あぁん?」でも「しーん…」でもなく賛辞の嵐スタンディングオベーションの56kg台。
ダイエットで2kg減ったと言って喜ぶ人の気持がはじめてわかった次第である。

時折しも食欲の秋。
ガリガリくんの冬は寒い。
来る冬に備えて脂肪を蓄えるべく日夜努力を惜しまず食べていく所存なのである。

そんなわけで遅ればせながらさようならでした9月。
どうぞよろしく10月。

省エネのため読点は使用しませんでした。