とねりの庭

下々ノ者ノ下ノ庭

第四形態なう。

4件のコメント

まったくもって、おじさん的私信など。

さすが厄年というべきか、良いも悪いもひっくるめて、ここ2年でいろんな変化があった。

2010年3月、慢性蕁麻疹発症。
一日二回アレグラを服用し続ければ、まったく生活に支障をきたさないが、薬を飲み忘れるとたちまち全身世界地図状のカイカイ地獄と化すが、命には関わらないめんどくさいだけの病気。医師には「平均して8年で治ることになってます」と言われたが、その説明に一生付き合っていく覚悟をした。それがどうも治っていたようだと、薬を飲み忘れた2013年1月に気づいた。
平均して8年で、一生治らないこともままあることを思えば、なんとも結構なことで。

2011年4月あたりから不眠症となる。
生まれてこのかた寝付きが良く、一度寝れば起こされても起きないという生粋の眠り職人だっただけに、これはショックだった。
寝付けないことに加え、眠りの深さも著しく低下し、就寝中に目が覚めることもしょっちゅう。それがどういうわけだか、今年になって軽減しつつある。対処などはしていない。

2012年秋頃、血圧上昇。
生まれてこのかたひどい低血圧。上90は当たり前、95で御の字だった。起こされても起きない寝起きの悪さはこの低血圧のせいに違いない。
血圧数値の上昇なんて一般的には歓迎されないことだが、私にとっては悪いばかりではなかった。現在65-115くらいだが、なんといっても朝の目覚めが格別。40数年目にして、ぱっと起きることの気持ちよさに感動する日々!目覚ましアラームが鳴る3分前に自然に目が覚める爽快さたるや!!
これもなにか対処したわけではない謎カイゼン。

2012年いつ頃だろう……肩こりが始まる。
生まれてこのかた、肩こりなどというものとは無縁だったのだが、いつの間にか肩や首や背中が苦しくなった。これかー肩こりは。世の中の多くの人々は、こんな切ない思いをしていたのかと初めて解った。
苦しいもんですねぇ、こるって。

2012年12月中旬、18歳から吸い始めたタバコをやめた(二年ぶり二度目)。
現在80日ほど経過したが、喫煙者に戻る気がまったくしない。キャリア20年を超える愛煙家だったのになぁ。

禁煙と関係がないとは思えないことで、体重の変化も挙げられる。
2012年1月、体重増加開始。
成長が止まった18歳時の体重58kg。以降筋量の減少とともに体重は減ったが、2011年まで55~56kgを完璧に維持していた。ところが2011年の春から体重が減り始め、去年などはたしか53kg台まで落ち込んだように記憶している。20年あまり増減しなかった体重が、一気に減るのは気持ちのいいものではなかったが、結局大きななにかがあったわけではなかった。ちなみに体脂肪率はというと、18歳の体重MAX時で8%前後、それからしばらく記録なしで、スイミングに通った30~35歳あたりが12%前後だった。激ヤセの去年はというと、さほど変わらず11%あたりだったのだが、それはスイミングしてた所の計測器と家庭用との違いかも知れない。
それで現在の体重はというと62kg!!! 自分の体重がこんなに増えるなんて思ってもなかったので、体重計の数字を見た時には、どエライ二度見をした。いやぁ、60kg台って、すげぇ!そんでも体脂肪率は14%で、体脂肪計曰く「標準マイナス」なそうだ。この体重と体脂肪率を持ってスイミングに行けたなら今まで感じたことのない浮力に感動するんじゃなかろうか。

自分のカラダの中で何が起こっているのか分からないが、変化しすぎだろうと思うここ数年。
いや一般的にこんなもんなのか?今までが変わらなすぎたのか?
悪い変化も含め、まんざらでもないじゃん四十代。変化するって面白いもんだね。

今調べてみたら2013年は後厄なそうだ。ということは今年いっぱいで厄ともおさらばなのかな。来年の節分まで?来年の誕生日まで?よくわかんないや。
いずれ、いつ消えても構わないと思っているけれど、痛いのはヤです。徐々に健康になりながら死にたいです。どうぞよろしく。
niso12_371
なんなら厄明けてスグでもOKです。

作成者: にそ丸

■東京から一番時間距離のあるまち、岩手県宮古市のとある庭から見える田舎の風景を。

第四形態なう。」への4件のフィードバック

  1. 肩こり以外は良化してていいじゃないですか。
    僕は半年で7キロのダイエットしました。でもあんま変わんない…

    週末にでもメシ食いましょうよー

    • 見た目より健康のための7キロ減だろうからヨシ!!!
      メシ行こう行こう!
      以降は伝書鳩飛ばしますね~

  2. 体重、血圧、ウエストサイズ。 すべての異変は突如として気付く。 そして誰もが「そんなバカな!」という思いにかられる。
    にわかに運動する術を考えはじめ、血圧計を買い、新聞広告を握りしめて洋服の青山に走るのだ。

    • なるほど洋服の青山に走ることも毎日になれば、それはもうジョギングになりますね。
      人生の、ひとつの節目である、成人。
      それを二つ超えた頃に忍び寄る、成人病。
      三度目の成人って、なにかが完成しそうで素敵です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中