とねりの庭

下々ノ者ノ下ノ庭


2件のコメント

星の人。

niso12_419
若い女の胸像(1973年)舟越保武

niso12_457
R嬢(1970年)舟越保武

ふたつとも40年ほど前の作品だけど、昭和よりも今の時代のほうが合ってるんじゃなかろうか的な顔。上唇の形がそう感じさせているんだと思う。

さて、彫刻を写真に撮って思ったことがある。でもそれをうまく説明できる気がしない。でも書いてみよう。

彫刻を写真に撮るということは、立体物を平面にしちゃうということなのだが、これって……の話。

いや、そんなのは人物ポートレートも風景写真も一緒だろうというのはわかっております。
しかしですね、彫刻などの立体美術品というのは、人間や自然と違って、人が作った作品でり、ある意味見せるために生まれたというか、見られることが前提の造形物といえると思うのです。
「見せるつもりなどない。思いを形にしただけだ」とか仰る作者もいそうですが、今日は置いておきます。

で、見られることが前提の人の手による立体造形物は、立体であることが重要なはずなんです、きっと。
「私は絵を描くのは不得手で、彫刻のほうが思い通りにできるので彫刻なのだが、絵が描けるのであれば絵画でも構わんぞ」そう仰る作者もいるかもしれませんが、今は黙っていてもらいましょう。

彫刻は平面ではなくて立体なのですから、作者にとって立体は必然だったわけです。そして作者自身も完成した作品をいろんな角度から眺めたはずですし、もしかしたら好きな角度というのもあるかもしれません。
それを写真という平面に収めるというのは、果たしてどうなんだろうか。
三次元を二次元にしてしまうということも低次元化させたような感じがしてちょっと引っかかったりもしましたが、じゃあ二次元の絵画は彫刻と比べて低次元なのかと問われれば、もちろんそんなことは全く思っておらず、どちらにも高低を感じることなどはありません。

無限の角度から観察することが出来る彫刻を、ひとつの視点からの見え方に限定してしまうってのは、なんか模写とかオマージュとは違う危うさがあるように思ったと、まぁそんな感じのことなんです。その程度です。戯言です。

最後にもう一つだけ。
「10年早かった」。
思想や音楽や芸術において、その次代には理解され難かったものが、10年経って高い評価を受けた時などに言われる言葉。
これは、10年前に光った星の光を、10年後の今見ているということなそうだ。

船越さんの彫刻の上唇を見て思い出した言葉でした。


7件のコメント

Yと死。

「どちらかが生で、どちらかが死ということはなくて、あるのは死です。どちらにも生はありません。」
Y字路について、横尾忠則さんが。

さらには「死というものは私にとって生活必需品でして」と語った。
死に関するなにかがそばにあると安心するというのがその理由。
Y字路は、分かれ道。
彼にとっての分かれ道は、どっちかはOKでどっちかはNOということではない。
どちらかを選んだという結果があるだけで、行き先はどっちも死なのだそうだ。

なぜ横尾さんは死を描くのか。
それは、死というモチーフなりが好きなのではなく、死を身近に置いておくことで、生きていることを実感するため。
つまりはY字路に描く(写真であっても)のは死だが、表現しているのは「生」そのものなのだ。

「絵を描くときはできるだけ言葉を捨てます。左脳を排除します。言葉が表現を制限するからです。」
~横尾忠則・天野祐吉トークショー/岩手県立美術館~
niso_7031
死を漂わせない宮古Y字路


コメントする

漢字TALK7.5(推定)

ぼくに搭載されているオンボロ記憶装置。
初期不良に加えてここ数年は経年劣化が甚だしい。なにより劣化以前の新同美品時代であっても低スペックだったので救いようがない。
残す必要のない捨てたいデータは「削除できません」なくせに、保護指定したものはあっさり消える。
まったく使えない。

この頼りない記憶装置を統括しているCPUもまた曲者で、仕様が一般的ではない。性能自体は悪くないように思うが、無理なクロックアップが祟って不安定。それなりに稼働はするが、そこここに施されているカスタマイズはマニアックすぎて扱いにくいともっぱらの評判。

「時間を忘れてー」
一つのことに夢中になり、あら気がつけばもうこんな時間。誰にでもあることだろうが、ぼくの場合は度が過ぎる。
ちょっと一時間だけのつもりが、気がついたら6時間経っていた──。にわかに信じられないかもしれないが、そんなことがままあるのだ。
ほかになにも予定がないならそれも構わないのだけど、がっちり予定を組んでいてもありがちだから非常に困る。
6時間もの間ぼくのCPUはなにをやっていたのだろうか、と不思議に思っていたが、「単にマルチタスクに対応していないだけですよ」と今CPUが答えを弾きだした。冴えているなCPUよ。

ハード性能は変えられないが、せめて各ドライバやOSのアップデートだけでもなんとかならないだろうか。
niso12_417
美術館で感じる1時間は、実時間の4時間。覚えとけ。