とねりの庭

下々ノ者ノ下ノ庭

あったかいと浮かれるのこと。

2件のコメント

真ん中に箸を刺したリンゴを、テーブルの上でコマのように回す。
この時、箸が貫通している上下部分にかかる遠心力よりも、箸から遠いリンゴの外側にかかる遠心力のほうが大きい。

これは自転している地球にもいえることで、いわゆる「軸」である北極や南極の遠心力よりも、赤道の遠心力のほうが強い。数値でいうなら1%の差。スペースシャトルがざくっと100tだから、1%といえば1tの差。微々たる数値に見える1%ではあるが、打ち上げのことを考えると、決して小さいとはいえないように思う。

さて、地球には、ものを引っ張る力「引力」がある。
この引力と先出の遠心力という二つの力を合わせたものが「重力」だったなぁと、酒を飲んだ帰りの運転代行で思い出した。
ただそれだけのおやすみ前日記なのである。なのであるってば!

それにしても、深夜のNHKは面白いですね。
niso13_484
高飛びや幅跳びの記録とか──いや運動系全てにおいて変わってくるのかなぁ。いや、それこそ個人の能力の差で収束する範囲か。じゃ高層建築は?小さな差が積もり積もって……とか考えるのが楽しくて。それだけ。ただそれだけだから!

作成者: にそ丸

■東京から一番時間距離のあるまち、岩手県宮古市のとある庭から見える田舎の風景を。

あったかいと浮かれるのこと。」への2件のフィードバック

  1. 北欧でやるオリンピックと、赤道直下でやるオリンピック。重量挙げや砲丸投げは重量の確認に『バネ秤でやる』と聞いた記憶がある(間違いかもしれない)。でないと、北の国ほど新記録が出ちゃうからね。
    高地でやるオリンピックは空気が薄いぶん、飛距離が出るという競技もあるらしい。高地のマラソンは記録が伸びないだろうね。

    とあれ、人生は始めから平等ではない。 平等にという努力もすべき点は多々あるが(1票の格差とかね)、世の中、そんなもんだ。

    その不平等な、与えられた環境でどれだけの事ができるかだよな〜。

    • 風で優劣が左右されるスキージャンプ、いつもモヤモヤします。
      それは屋外の陸上もですけど、ある程度囲ってあることと、複数人一緒に走るので、まあいいかと思います。投擲は?ですが。
      んでもイイ風が吹くとか、いわゆる「持ってる」というのも含めてのスター選手ということなのかも知れませんね。
      あーでも、サッカーでいうところの「ピッチの状態がよくありませんからね」は両チーム一緒だろ!とツッコミたくなりますし、「この厳しい暑さがー」と、日本チームより北に位置する国と対戦してても言うのには閉口します。って、論点ズレましたね。
      >与えられた環境でどれだけの事ができるか
      仰るとおりでございます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中