とねりの庭

下々ノ者ノ下ノ庭

恋愛花。

2件のコメント

niso13_588
次のお題です。『クレヨンで描く花』といえばナニ?
それでは一斉にいきます!せーのー、ドン!

これはダントツでチューリップじゃなかろうかと思うのだがどうだろうか。
ちょっとだけひまわりとも思ったけど、ぼくん中ではチューリップがド定番だなぁ。

そんなド定番(当社調べ)のチューリップなのに、思い返すに写真に撮ったことはなかった。
これまで花の写真など、種類も枚数も相当撮ってきたのに。

難しかったです。
素材集みたいな構図になりがちだったし、露出も白と紫のが同居していたりして、なかなか。
十数枚撮ったけど、結局いいじゃんってのはゼロ。
ほろ苦いチューリップデヴューとなりましたとさ。
niso13_587
花言葉は、

赤:愛の告白・愛の宣告
白:新しい恋・失われた愛・失恋
黄:実らない恋・望みのない恋
ピンク:愛の芽生え・誠実な愛
紫:不滅の愛・永遠の愛
斑:疑惑の愛

 

作成者: にそ丸

■東京から一番時間距離のあるまち、岩手県宮古市のとある庭から見える田舎の風景を。

恋愛花。」への2件のフィードバック

  1. 油絵はじめたばかりの頃、グレーや混色という概念がそこまで頭になくて、
    原色の絵具を前に「これじゃチューリップしか描けなくないか?」って思った気がします

    • 目からうろこだわー
      油絵も水彩みたいに24色とか36色が当たり前なんだと思ってたんだけど、読む限り違うみたいね。
      にしても、画家が描くチューリップ、案外と珍しいんじゃなかろうか。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中