とねりの庭

下々ノ者ノ下ノ庭

バランス。

コメントする

今日は稚アユ放流の取材で始まった。
太陽と青空、山の緑まで映す清流が目に眩しく、本当にいい季節になったもんだと嬉しくなった。

膝よりも深く、ざあざあと流れる川を、転ばないように気をつけながら歩くのは、なかなかに体力を使う。
気をつけていたものの川底に足を取られ、右腕一本肩まで水没。上着ビッショビショ。
それにしてもハウジングしたカメラで、ほ ん と う に、よかった。

取材が終わる頃には、うっすらと汗ばんでいた。
道路に設置された気温計を見ると26℃。どうりで。
それでも山から吹き降ろす風はひんやりと気持ちよく、本当にいい季節に以下同文。

その足で次の現場、市内では有名なツツジの名所へ向かう。
高さ40m幅70mもの山の斜面を埋めるピンク、赤、朱色、紫のツツジ郡は見事の一言。
三脚とカメラを担いで急峻な斜面を登り降りするうちに、ビッショビショだった袖はすっかり乾いていた。
本当にいい季節(以下ry

思えば、目覚めてからやたらと鮮やかで眩しい生命に満ちた天然色を浴びまくった。
こりゃちょっと浴びすぎかもしれない。
色あたり、元気あたりしそうなので、寂しげなB/W写真をアップして落ち着くべし。
niso13_593
土に戻り中。

作成者: にそ丸

■東京から一番時間距離のあるまち、岩手県宮古市のとある庭から見える田舎の風景を。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中