とねりの庭

下々ノ者ノ下ノ庭

企業秘密。

コメントする

録画したはいいけれど、ずっと観れてなかった「SWITCHインタビュー達人達/荒木飛呂彦×千住明」を観た。

互いの職場におじゃまするって設定がnice!!
第一線で活躍するプロの仕事場が見られただけで腹が膨れたもん。

番組上どうしたって二人の紹介は必要だから仕方がないんだけど、そこに使われた時間がもったいない。そう思ってしまうほど、サササッとした内容で、さほど深入りはしなかったように感じた。
そのもやもや感を払拭してほしいので、ぜひ次は「プロフェッショナル仕事の流儀」でお願いしたい。もしくは情熱大陸。

仕事場のほかに興味深かったのは、二人が明かした「企業秘密」。
荒木さんは、「漫画はストーリーや画などいろんな楽しみがある」と前置きしたうえで、「一番大切なのはキャラ作り」「キャラができていれば極端な話、ストーリーもいらないし、絵が下手でもいい」と話した。
そんな彼が明かしたのは、キャラクターの“身上調査書”を作っていること。
項目は多岐にわたる。「将来の夢」や「癖」は当然のこと、「性格」においては事細かに細分化。他には「きき腕」「視力・色力」「声の質」など、のべ60にもなるそうだ。

千住さんはの企業秘密は、「面白いこと(いい仕事のことだとぼくは理解した)をするためには」。
曰く「面白いこと=誰もやっていないこと」。若いころはその“誰もやっていないこと”を探り当てる修行をしてきたらしい。
「同じ所に留まっているアーティストは本物ではない」一箇所にとどまっていないで、どんどんスタイルを変え続けること。これは過去の著名なミュージシャンも等しく言っていたようだ。
いやぁ、勉強になります。

それにしても荒木さんの若いこと。
50歳オーバーになんて絶対に見えない。
朝11:00から遅くても夜11:00までしか仕事はしないらしいし、一週間のうち2日は休むとのことだが、そういった規則正しい生活をしたとしても、彼の若々しさは異常だと思う。
番組を観ていて、つい「スタンド」とか「石仮面」という言葉を思い浮かべてしまったのはぼくだけだろうか。
niso13_498
文と写真は関係ありますん。

作成者: にそ丸

■東京から一番時間距離のあるまち、岩手県宮古市のとある庭から見える田舎の風景を。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中