とねりの庭

下々ノ者ノ下ノ庭

月命日の花火。

6件のコメント

今年で三回目となるライトアップニッポンの取材に行ってきました。
スチルカメラは持って行かなかったので、動画カメラからのキャプチャです。

過去二回とも、会場に流れるBGMとメッセージにぼろんぼろん泣いちゃって大変だったんだけど、今年はスピーカの位置のせいなのか、あんまり聞こえなくて仕事に集中できました。
niso_08
さあ、お盆ですね。

作成者: にそ丸

■東京から一番時間距離のあるまち、岩手県宮古市のとある庭から見える田舎の風景を。

月命日の花火。」への6件のフィードバック

  1. こういうイベントがあったのを知りませんでした。
    公式ホームページに流れる画像で泣けてきます。
    少し早いけど、大きな迎え火に迷うことなく帰ってこれますね。

    • 空に咲く人の想い。だからなおさら美しいんだと思う。その涙も同じです。
      涙を流してくれて、ありがとう。

  2. なんにも ちからのないぼくなのに

    そんざいかちの ひとつもみつからない ぼくなのに

    おもうだけで いのるだけで いいのだと

    きみがおしえてくれた。

    ぼくのいのちを てらしてくれたきみに

    こころあふれたおもいは ただ ありがとう。

    あべこべですね。 まったく。
    本当に情けないのです。 いつも・・・
    でもこれしかできないので、一生懸命祈ります。
    そして、一生懸命生きていきます。

    • ありがとう。
      詩、沁みました。

      被災者でもないぼくが被災地でできることといえば、自分の仕事をすることだけで、特別なことはなんにもできていません。
      遠くの人たちが、被災地を思ってくれることのほうが、よほど支援なのですよ。
      「あべこべ」というならば、そういう意味であって、akoさんの祈る気持ち、生きていくということは、充分に素晴らしいことだし、すてきなことなのです。

  3. いつまでも忘れない事が自分に出来る事かなと思います。
    悲しくも綺麗な花火。
    これなら、みんな迷わないで天から帰って来れますね。

    • 「忘れないで欲しい」。これは被災された方からよく聞く言葉です。
      忘れないということって、とてもあたたく優しいこと。(易しいではありません)
      Sachieさんのその気持が、みなさんのためになります。成り代わるのはおこがましいですが、お礼を申し上げます。
      帰ってきた人たちも、きっと喜んでいますよ。
      ありがとうございました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中