とねりの庭

下々ノ者ノ下ノ庭

今日響いた言葉。

12件のコメント

もっと軽い荷物にしてほしいと祈ってはならない。 もっと強い背中にしてほしいと祈りなさい。

いい言葉だなあ。
ぼくなら車を下さいと祈るもんなあ。
niso13_972

作成者: にそ丸

■東京から一番時間距離のあるまち、岩手県宮古市のとある庭から見える田舎の風景を。

今日響いた言葉。」への12件のフィードバック

  1. いい言葉ですね。

    私なら……もう降ろしていいですか?

  2. いいえ、これ以上逞しくなっては困りますぅ。(+。+)
    わたしなら、疲れたら腰を下ろしていいよって言ってくれる切り株さんを下さいって、お願いしたい!

    どお祈ろうとも、ちゃんと神さまはかなえてくれるから大丈夫♪(*^^*)
    「I askd God」なり☆ http://wp.me/p2OOrx-dK

  3. もう堪えてつかーさい!と祈ります。

    だいたい、神様は乗り越えられる人にだけ試練を与えるだとかなんとかうまいこと言っちゃってさ。。。
    もしかして、この試練を乗り越えちゃったら、なんだ乗り越えられるじゃん!みたいな、したらば、もうちょいランクあげちゃう?みたいな。。。
    ちょっとちょっと神様、マジっすか??乗り越えちゃったら、また試練来るんすか??みたいな。。。あ~~~ちぇっ!乗り越えちゃったじゃんかよぉ~~。こんなの乗り越え損じゃん!!みたいな。。。

    あ~~~もう乗り越えるのやめちまおうっかなぁ~~orz

    • まるでノセ上手な名コーチだね。結果体力がつくなら悪くないかもー。どっちみちやめられないんならそれでいいや♪

  4. 強くなろうと思うことは悪くないことだと思いますが、それでも自分にとっての「等身大」の範囲に限ってのことなんでしょうね。だって、やっぱり「象」は背負えないですもんね。

    • 何十年に一回は、象背負えよって言われてるようなこともありますね。
      結局は象だと思ってただけであって、象じゃなかったんですけど。
      やっぱり可能なことしか発注してこないようです。

      • 僕の場合、ホントに「象」を背負おうとしてしまったんだと思います。思い切り「過信」でした。その結果、確かに、一瞬「象」は背負えたんですが、脳出血で倒れました(直前、顔色、真っ黒だったそうです)。あれから3年以上立ちますが、依然として右手は使えず、再発のリスクも消えません。というわけで、ホントは「象」じゃなかったとしても、「象」だと思ったら背負わない…僕はそういう感じをお勧めします。

      • ありがとうございます。その「お勧め」、謹んで頂戴します。
        私が物心付く前、父は脳出血で他界しました。38歳でした。営業職だったようですが、およそ40日間休まずに働き、ようやく明日から休み!と床に這入ったその晩に鬼籍へ。きっと父も象を背負ったのですね。
        幼かった私に父の想い出はなにもありませんが、その年齢を越えて家庭を持った今、父の他にもtowniewalkerさんのような優しい先輩に教えを頂いてなんとか生きています。

        towniewalkerさんにとっては、今までもこれからも、私が想像しても足りないほど険しい道のりかと拝察いたしますが、どうぞこれからも我々若輩の先を照らし続けてくださるよう、お身体を大切にしながら、ご活躍されることをお祈りいたします。

  5. 「なんでこんなもん背負わすんだよ〜」と心で泣きながら、笑うでしょう。
    単にええかっこしいの、見栄っ張りなのではなく、自分が表面泣いたら周りもイヤになるだろうから。
    で、「みんなのため」とウソぶきながら、笑う。
    でも、その本質には至らないw

    • それを「自分に厳しく周りに優しい」というのでしょう。
      日本の男の端くれとしてそうありたい、とその表面にも至れない者として思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中