とねりの庭

下々ノ者ノ下ノ庭


12件のコメント

スタンプ懐古。

niso13_976
あまりに懐かしくて涙がでそうだった。
あーなんて懐かしい!
本当は涙なんか出そうになってないけど、懐かしいのは事実。

というか、スタンプて……。
うちのスタンプ入れは、青くて丸いクッキーの缶だった。
念のためスタンプを知らないかもしれない若い人のため書くが、スタンプ=ハンコではない。現代でもショップカードの裏にスタンプを「押して」もらう式のものはあるが、そのスタンプではないのだ。
ここでいうスタンプとは、切手と同じ様式のもので、システムや店舗で違いはあるが、例えば100円の買い物で切手状のものが一枚もらえるというもの。
そしてそれを自分の手で台紙に貼り付け、ある程度貯め、なにかと交換もしくは金券として使えるのである。

そういえば昔は様々なスタンプがあった。
大御所はグリーンスタンプだろう。異論は認める。
切手のようにあらかじめ裏に糊がつけてあるので、ヤマトのりやアラビック不要の親切設計。糊など無い安普請だった地元商店街の「宮古スタンプ」とは別格の贅沢仕様であった。
ちなみにうちでは、たっぷり湿らせたフキンをテーブルに置いて、それにスタンプの裏面を押し付けて貼るという革新的な方法により、快適なスタンプライフをエンジョイすることができていた。

ラジコンや天体望遠鏡の写真が載っている交換カタログを眺めるだけで楽しかった。ああなんてかわいい少年にそ丸。
でも交換したもので記憶に残っているのは、HOYA製クリスタルガラスのタンブラー。スコッチウイスキーが似合うシンプルなカットガラスの。
それを交換したのは中学生の頃。ああなんて小憎たらしい少年にそ丸。
あのグラスはどこへ行ったろう。割った記憶は無いけれど、今はもう無い。

グリーンスタンプの勢いに消されてしまったのが、ブルーチップとゴールデンスタンプ。
ブルーチップはリス的な愛らしい小動物が描かれている青いスタンプで、あの目つきと腰つきから推測するに、メスに違いないとかなんとか、以前ネタにしたこともあるほどに記憶は鮮明だし、検索すればたくさんhitするほどにメジャー。
一方写真のゴールデンスタンプはというと、グリーンスタンプはもちろん、ブルーチップにすら大きく水をあけられるほど、加盟店が少なかったように思う。ゴールデンなのに。

そんなわけで、こんなキャラクターの記憶はおろか、存在自体の記憶がとても淡い。
ググってみたけれど、wikiすらない状態。むむー。
しかたがないので推測でキャラクターの分析をする。そろそろついてこられない者もいるだろうが、それは全く以て間違いではないので、胸を張ってブラウザを閉じるがよし。
これはライオン。雄の子どもライオンである。
ブルーチップのリス的小動物など彼にとっては単なる餌にすぎない。グリーンスタンプの緑など、彼にとっては寝床もしくは糞尿をまきちらす便所である。しかも子どもなので、こらからもまだまだ成長する可能性を持っているのだ。
しかし、いち早く終わった。グリーンスタンプやブルーチップよりもずっと早く終わった。ゴールデンなのに。
それは、左右のひげの数が違うせい。
身だしなみを気にするのは結構なことだが、それに気を取られるあまり、看板になるその時まで「あ、右少なっ」とそればかり見ているのはいただけない。視線をそらして顧客の信頼を得ることなどできないのだから。
こうしてゴールデンスタンプは終わった。
あゝ哀れなゴールデンスタンプ。
あゝ哀れぞゴーくん。
さようなら、さようなら。
これがゴールデンスタンプの顛末である。

と嘘八百を並べるのが精一杯なほどキャラの記憶は全くないのだが、スタンプは実際に手にしたことはあって、私のもんより記憶をほじくると以下のようになる。
赤の地に、黄色で細かいギザの円。その中に赤縁取り白ゴシックで「ゴールデン(改行)スタンプ」とあったように思うのだが、二色刷りは考えにくいので、絶対に記憶違いだろう。ありそうなところで、赤地に白抜きのギザ丸、その中に赤字でゴールデンスタンプの文字というところか。ああ気になる(棒読み)。

いずれにせよ、懐かし感こそあれ、別にスタンプマニアでもないわけで、そんなに探求する気もないのではあるが、どんなもんだったか知りたいのは知りたい。
ということで、記憶のある方はご一報を、ぜひ。