とねりの庭

下々ノ者ノ下ノ庭


10件のコメント

取り越しがっかり。

先日投稿した沼で始まったこととは、静電気でした。
もったいつけるようなことではないし、引っ張るつもりもなかったんだけど、流れの関係でこんな形になりました。

やー、これっぽっちも望まないシーズン到来かー。心底嫌だなあ。
夏の蚊と秋の静電気は、ぼくの中で別格の第一級忌嫌物。
まぁ真冬の寒さはそれをも超えるのだけれどね。

と、始まった静電気シーズンにがっかりしたんだけど、翌日からずーっとジメジメ天気でして、あの日以降ビリバチしていません。
ということで、今季の静電気本格運用は、まだ始まっていないということにします。
niso13_1006
ぱっと見で、カーブとかぶのダジャレかと思ったんだが、どう見ても大根です。本当にありがとうございました。


14件のコメント

それを個性とはいわない。

大きなお世話だろうし、ここでぼやいてもなんにもならないが私は言いたい。
もうやめようぜ、キラキラネーム。
とはいえ使いたい親がいるのは事実。
ならばせめて、読めるものにしないか。
“空詩”と書いて”らら”。
こりゃ読めない。
読めない名前は、少なからず一般的な読みの名前よりも、苦労するだろう。子どもが。

せめて読めるものを、と譲歩してみたが、
読めたとしてもこりゃダメだろうというのもある。
“裸夢”と書いて”らむ”。
なにも隠し事のないーとか、飾らないーとか、そんな意味を持たせたかったのかもしれないが、どうしてもその字じゃなきゃだめか?
この子が大きくなって、自分の名前を他人に説明する時はどうだ。
「らむの”ら”は”はだか”でー」と言わなきゃないだろう。

どこまでがよくて、どこからが痛いかの線なんてない。
親の感覚が全て。
個人の自由は尊重されて当然。
それぞれが愛情を持って、真剣に悩んで考え抜いて付けた名前だろう。
だがしかし。
である。

なお、日本の裁判所は、命名に関して次のような見解を示している。
親権者がほしいままに個人的な好みを入れて 恣意的に命名するのは不当で、 子供が成長して誇りに思える名をつけるべき。

本当に大きなお世話だし、無意味なぼやきだが、どうしても言いたかった。
niso13_992
そんなのを考えている友人がいたら、全力で阻止してやる。