とねりの庭

下々ノ者ノ下ノ庭


18件のコメント

1720(4)

(4)迷わず行けよ行けばわかるさ。

個人病院から県立病院への昇格が決まった。
翌日からの一軍ベンチ入りに下準備なしで臨むのは失礼かと思い、肝炎について色々と調べてみることにした。
結城貢似のかかりつけ医には急性肝炎と脂肪肝、二つの可能性を示唆されたのだが、今回脂肪肝については一切調べなかった。酒も脂肪肝の原因にはなることは知っているが、私の食生活と酒の量が脂肪肝に直結するとは思えなかったからだ。

それにしてもだ、結城先生の気まぐれ(失礼)がなければ、発見はずっと遅れていたことは確実。こういう”たまたま”も含めて「名医」というのかもしれない。
肝臓の病気につきものの黄疸も出ていない初期(きっと)のうちに発見してくれた結城先生、ありがとう。
付け加えるが、彼(とんでもなく大先輩だが)とは長い付き合いであるし、診療以外でもよく話すくらいの関係だ。持つべきは親しくも優秀なかかりつけ医であると言っておこう。

さてせっかくなので、けっこう身近な病気であり、今ちょっとした話題にもなっている肝炎についてポイントを書き出しておくことにする。なお個人の見解がたっぷり含まれていることを予め断っておく。

▼TVCMでもやっているが、定期的に肝炎検査は受けておこう。
沈黙の臓器と言われるように、異常があっても自覚症状はほとんどない。そして痛くなった時は手遅れの場合も多々ある。
AST、ALT、γ-GTPなんかは、普通の健康診断でも必ずと言っていいほど調べられる項目。肝炎検査でなくても定期的な健康診断は受けるべし。

▼急性肝炎に気づくのは、黄疸が出てからが多い。
疲れやすい、だるい、食欲減退。肝炎の始まりはこんな。
そんなのは珍しくもないから、放っときがち。黄疸にでもならないと病院に行こうとは思わないもの。だから検診へ行こう。
参考までに私の場合はー。
やたらと眠いと感じることが多くなったのはここ一週間のこと。これが倦怠感だったらしい。どんだけだるいかというと、プール授業の後の公民の授業くらいだるい。
おしっこの黄色みが濃いーというか茶色っぽいかなぁと思ったのは二日前。これは胆汁流出障害だろう。
食事がいつもの半分しか食べられなくなったのは3,4日前。これまさに食欲減退。
酒を飲むと、30分くらいでふらりとする。なんか変な酔い方? あまりうまいとも感じない。肝臓が元気ではなかったせいだと思われる。
長い付き合いの腰痛がひどくなり、とうとう知り合いの接骨院に通院しはじめたのもだいたい二週間前だった。そして痛むのは右側だけ。ネットで腰痛と肝臓の関係を調べてみたら、末期とか極期とかという文字が出てきた。だからこれは見なかったことにする。

挙げたすべてが「思い返せば」「今思えば」であって、その時はあまり気にもとめなかったことばかりで、腰痛を除けば病院に行こうだなんて思いもしない程度の症状である。
だからしつこく言う。検診行けよ。

▼全ての肝炎は空気感染しない。
肝炎の多くはウイルス性肝炎である。有名な「B型肝炎」「C型肝炎」もウイルス性肝炎。しかし空気感染はしない。くしゃみの飛沫でも感染しない。むやみに怯えたり過剰に防衛しようとするのはナンセンスであるが、不用意に自分以外の血液に触ったりすることは避けよう。

▼劇症肝炎となれば70~80%が死亡するが、その確率は低い。
肝炎ウイルスへの感染が劇症化すると劇症肝炎となるが、数ある肝炎ウイルスの中で比較的劇症化しやすいB型肝炎であっても1%に過ぎない。A型で0.1%、C型からの劇症化はほとんど見られない。

▼急性肝炎はほとんど治る。しかし慢性化させないこと。
まず、肝炎の経過を理解しよう。
急性肝炎→慢性肝炎→肝硬変→肝ガン
全てがこのとおりではないが、大切なのは急性肝炎から先に進行させないこと。理由はふたつ。
ひとつめは、急性肝炎は治りやすく、慢性肝炎はやっかいだということ。
ふたつめは、慢性肝炎になってしまうと、急性肝炎には戻れないということ。
急性肝炎からいきなり肝硬変や肝ガンになることはほとんどないので、急性肝炎のうちにしっかり治療することが大切なのだ。

以上。
急性肝炎は安静と食事で治る。
しかし何度も言うが自分では気づきにくく、発見が遅れがち。70%の肝炎は慢性化してから発見されるというデータもある。
急性肝炎のうちに発見できるように、定期検診なり肝炎検査なりを受けよう。迷う必要はない。

さてさて、直前の記事で「アルコール摂取による急性肝炎だと思った」と書いたのだが、どうもそれは違ったようなのだ。

それは、AST(GOT)とALT(GPT)の割合からの推測。
アルコール性の場合はALT<ASTとなるのだが、私の場合はALT1720に対してAST859と、ALTのほうがASTより倍ほど多い。そしてγ-GTPも859ではあるがまだ三桁。これによりアルコール性とは違うのではないかと考えたのである。
とはいえ、どの数値も笑えるほど高いので、それが果たして当てはまるのかどうかはわからない。

もしもアルコール性でないとなれば、やはりウイルス性だろう。自己免疫性は考えにくいし、アレグラしか飲んでいないのだから薬剤性の肝炎てのも除外でよさそうだからな。

……ん?
ちょっとまてよ。
今常時服薬しているのはたしかにアレグラのみ。だがそういや違うの飲んだな。
そうだ。アレグラを切らして市販薬を買ったのだ。「アレルギール錠」。
飲みだしたのは……たしか、二週間前くらいじゃなかったか。

(5)につづく
niso13_1060
このネタまだ続くのかよーって感じだが、なにせネタがない。
でー、次回からようやく県立病院篇なのだが、すでに十日ほど遅れて記事を書いているため、記憶が曖昧になりつつある。
それでも思い出しながら文字に起こすのは脳トレになるらしいので、それもまたよし。
そんな矢先だが、明日から収監されてきます。当方ガラケーにつき、続きなどは出所してから。
みなさまどうぞお元気で素敵な秋をお過ごしください。
そのためにも検診を。