とねりの庭

下々ノ者ノ下ノ庭


6件のコメント

too much

かわいすぎる。
頭から足の裏まですべてがかわいい。
ふわっふわのふにゃっふにゃのぽっふぽふのぽっかぽかだ。
なにもここまでかわいくなくてもいいじゃないか! と思うほどかわいい。

niso14_119

この動物園では、こんな仔うさぎや仔モルモット、ひよこなんかをもよもよできる。
もよもよしてたらくんくんしたくなってくんくんしたら、藁みたいないいにおいがした。

それぞれ動物園の方針にもよるだろうけど、この仔らは他の猛禽や爬虫類あるいは肉食獣のお腹に入るか、感染症を防ぐために殺処分されるのがほとんど。

これをかわいそうの一言で片付けちゃいけない。
強そうな猛獣だって、食べ物を食べなきゃ死ぬ。自然なら自分で狩りをすればいいけれど、人間を楽しませるために檻に入っている動物は、エサをもらわないと死ぬ。
たとえ、このかわいすぎる仔らがエサにならなくても、別の動物が殺され、肉になる。
親うさぎも、ツキノワグマも、ライオンも、人間のために檻の中にいることを忘れちゃいけない。

毎日の卵。かわいいひよこ。産まれてまもなく殺処分される卵を産まないオスのひよこ。
高級ブランド牛のつぶらな瞳。
カクレクマノミもドンコも同じ魚。
かわいいもかわいそうも含めて、我々はたくさんの命を頂いて生きている。
家族で動物園へ行った帰り道、こういうことをやさしくやわらかく話して聞かせてあげることができる大人が増えるといいなと思うのです。

さて、いつものごとく、だらだらと書きましたが、書きながらいつも思うのは、こういうことをわかりやすく簡潔に表現できたらな、ということ。全然近づくことができないので、もうあきらめているフシもありますけどね。
先日新聞広告クリエーティブコンテストの2014年度入賞作が発表されました。
新聞紙面の一面を使った広告だったから、目にした人も多いと思います。
今年、最優秀賞に輝いた「命の交換」、優秀賞の「動物図鑑」、大好きです。
下の方にある【審査の最終段階まで残った作品】たちも大好きです。
死ぬまでに一本でもいいから残したいですね。人の心を揺らす、自分も納得ができる文章を。
DSC_8541
さあ、明日もおいしい食事をしましょう。
食べられてよかった、と思ってもらえるように、楽しく、おいしく。


14件のコメント

グロウマ。

物流が発達して、海洋深層水氷も登場した現在は、北日本以外でも味わえるのかもしれない。
それでもその多くは料理屋での食事であり、丸のまま買って帰って、家で調理するというのは稀なのではないかと思う。

昔は外道とされていたこの魚を、当地方では「ドンコ」と呼ぶ。一般的には「エゾイソアイナメ」。
北日本ではそれなりにメジャー。特に海釣り愛好家にはよく知られているのではないだろうか。
冬が旬なドンコを、今日は肝和えのたたきでいただく。
niso14_120

niso14_125
このとおり、一次選考の書類審査でOUTげな見た目。だがそれがいい。

niso14_123
まずは、このぬめぬめと、細かい鱗を取りますよ。
カレイ含めこのテの魚は、鱗取りや包丁なんかよりもステンレスたわしが楽。早いし、なにより鱗が飛び散りにくいからね。

niso14_124
鱗を取られてどこか寒そうなところも冬の味覚らしくてヨシ。

niso14_126
ドンコは身よりも、この肝に価値があります。を死霊のはらわたごっこしながら身をもって説明する健気なドンコ。
鮮度が落ちると、腸など内臓の臭みがこの肝に移ってマズくなる。そのため「さっきまで生きていた」レベルが望ましいのです。

niso14_127
肝はなるべく傷つけずに取り出したい。せっかくなので下手な例を演じてみた。大切なことなのでもう一度いいます。下手を演じてみました。演 じ ま し た 。
ふう。
さて、この肝臓よりも傷つけちゃダメなのは、心臓と苦玉。心臓を派手に切ると、肝臓が血だらけになります。苦玉ってのは胆汁が入った袋のことで、たいがい緑っぽい色をしていて、この色が食べる部分に着くと簡単には取れません。ブリや鯛だと破きがちだから気をつけろ!

niso14_133
三枚おろしにしたら、腹骨を取り除き、皮を引きます。
タラと似てますね。この見た目どおり、味や食感もタラに近いですが、タラよりも臭みが少なく、しっかりしていると思います。
この半身の中心線(赤茶のライン)に並ぶ小骨を取り除くと、腹身と背身に分かれます。
そしてドンコの場合は、背身がさらに分かれたがります。写真でいうなら、黄土色と白を境目として、筋繊維の向きが変わっているところ。
こんな風に分かれる構造って、ちょいと珍しいです。

niso14_128
ということで、腹身と背身A背身B(適当命名)となりました。
昨日の記事は、これのうちの、背身Bこと背びれ側の背身でした。
奥は味噌よ。

niso14_130
すっかりと骨が無くなった身を、たたきやすいようブツ切りに。
今回足すのはネギと味噌のみ。酒や根生姜を入れる人もいるみたいね。

niso14_129
よきところで肝臓投入。
子どもが見たら泣くレベル。泣かないまでも食べるのを拒否されることうけあい。
ベロンと投入しないで、先に刻むとか裏ごしするとかしたらどうなんだろ。裏ごし器無いけども。
まぁあとはボーっとしながらひたすらたたくだけだからキニシナイ。

niso14_131
「ドンコの肝たたき」完成。
酒の肴に最高なんだろうけど、酒飲めないしなぁ。とボヤきながら肝臓を食うのはチトさみしいが、悶絶の旨さなので許しちゃう。
味的に一番近いのは、中トロで作ったネギトロ。マグロよりも酸味と鉄臭が少ない分マイルド。
さらに言うなら、あん肝よりもあっさりして食べやすい……というのは負け惜しみ。やっぱりあん肝には敵わないよ。けどコストパフォーマンスで考えるなら上等でしょ。
淡白な白身なので、サンマやアジの「なめろう」と比べて、魚臭さもなし。というか、クセというものは皆無です。鮮度が高ければね。

写真でははしょったけど、半量はモッタリするまで細かくたたいて、もう半量は食感が残る程度にし、最後に互いを混ぜたので、口の中でトロケつつも噛んで美味しい出来になりました。
味噌の風味でそのまま食べるのももちろんいいのだけど、わさび多めの醤油を少し付けると最高。
軽く1kgはあったので、余した翌日は片栗粉を足してつみれ汁に。これまた旨かった。

ドンコは、寒さとともに肝臓が大きくなり、脂ものってくるので、これからがさらに旬。
あわび、鮭イクラ、真鱈白子、毛カニe.t.c.……。
冬の三陸もうんめぇぞ!


16件のコメント

冬の珍味。

これをたたきで頂くためには「獲れたて」もしくは「さっきまで活きていた」レベルが望ましい。

食べたければ、そこへ行けばいい。
その土地でしか食べられないものにこそある美味しさを他所へ出す必要はないのだ。
niso14_121
調理してから冷凍? できたてにゃ敵わんよ。


6件のコメント

ネコとゴリラ。

ヨシッ! とかyes! って感じの小さなガッツポーズもしくはカメラに向かって「がんばりますっ!」って時に、前腕と手首の角度が真っ直ぐあるいは内側に向かって曲がっていると男らしく見え、逆に手首が外に向かって曲がっていると女性らしく見える。
さらには、ワキを開くと男らしく、閉じれば女らしいし、もっと細かく見るなら、親指を曲げていわゆる正拳にすれば男らしく、親指は曲げずに人差し指が作る渦巻きにそえるようにすればより女っぽいように思う。

誰に教わるでもなく、「男らしく見える」と感じたり「女っぽい」と思ったりするのはなぜか。
推測するしかないが、きっと相当数のポーズやシチュエーションを目の当たりにして、自分の脳が学習してきたからなのではなかろうか。

テレビで様々なスポーツを観るときにも、そんなところが気になって仕方がない。
女子卓球の福原と石川は、実に女的。一方、女子レスリングの吉田や伊調は男的だ。
ちなみに女子サッカーの澤穂希はというと、意外と(失礼)女的。

きっと個人の性格によるところが大きいのだとは思うが、スポーツのジャンルによって変わりやすいということはあるのかも知れない。
つまり、格技などでは女子も男型になりがち──など。
思い立ち、少しだけグーグルで調べてみると、ヤワラちゃんについてはどっちも見られ、結果中性的とスッキリしなかった。
女子水泳は両方居るが男型も多く見られた。
女子テニスや女子ゴルフはほとんど女型(女形ではない)だった。
これについては継続して調査してみるといいだろう。私はしないが。

では逆に、女っぽいカタチをする男子スポーツ選手はいるのだろうか。
これはなかなか見つけられなかった。
色眼鏡的先入観で男子フィギュアスケートの羽生を物色したが、まあ親指がちょっと、ぽいかなー、ぽいかもなー程度で、結局スポーツ選手ではないKABA.ちゃんとクリス松村の画像を鑑賞して終了した。
以上、途中で飽きたので中途半端なオチになった、ガッツポーズで見るジェンダーのお話でした。

余談だが、金子貴俊は女型でした。
niso_8198
長時間ヒジにハンドバッグや買い物カゴを下げられるのは、筋力ではなくて腕筋肉構造の男女差ですを表す長時間露光テスト。


8件のコメント

秋のシール物語

半分にカットされたグレープフルーツや夏みかんを見ると給食を思い出す。
別に好物ということではなく、シールの有り無しが楽しかったというだけの記憶だ。
ハーフカットの果物の場合、シールが付いている確率は1/2。
さらに、剥がれてしまうことも考慮すると、さらに下がることになる。
そんな計算はしなかったはずだが、とにかくシール付きはちょっと嬉しかった。

先日、私が帰宅し台所に立つと、うちの芋栗南京好き女子中学生が、
「これね、POPに『栗のようにホクホクで甘い』って書いてあったのー」
と、乙女チックな表情で不格好なカボチャを差し出してきた。
芋栗南京にさほど興味が無いポーズをして見せると、
負けじとカボチャに貼られた金色のシールを指しつつこう続けた。
「ほらほら、このシールにも『マロン』って書いてるでしょ」
……娘よ、そりゃ『ロマン』と読むのだと思うぞ。
だいたい、カボチャの名前にマロンはアウトだ。

ひとしきり笑って、サンマのつみれ作りを始めた。
そこはかとなく平和な秋の始まりなのであった。
niso_8200
給食のハーフカットフルーツにシールがあるってことは……洗ってなかったんだな、当時は。