とねりの庭

下々ノ者ノ下ノ庭


6件のコメント

too much

かわいすぎる。
頭から足の裏まですべてがかわいい。
ふわっふわのふにゃっふにゃのぽっふぽふのぽっかぽかだ。
なにもここまでかわいくなくてもいいじゃないか! と思うほどかわいい。

niso14_119

この動物園では、こんな仔うさぎや仔モルモット、ひよこなんかをもよもよできる。
もよもよしてたらくんくんしたくなってくんくんしたら、藁みたいないいにおいがした。

それぞれ動物園の方針にもよるだろうけど、この仔らは他の猛禽や爬虫類あるいは肉食獣のお腹に入るか、感染症を防ぐために殺処分されるのがほとんど。

これをかわいそうの一言で片付けちゃいけない。
強そうな猛獣だって、食べ物を食べなきゃ死ぬ。自然なら自分で狩りをすればいいけれど、人間を楽しませるために檻に入っている動物は、エサをもらわないと死ぬ。
たとえ、このかわいすぎる仔らがエサにならなくても、別の動物が殺され、肉になる。
親うさぎも、ツキノワグマも、ライオンも、人間のために檻の中にいることを忘れちゃいけない。

毎日の卵。かわいいひよこ。産まれてまもなく殺処分される卵を産まないオスのひよこ。
高級ブランド牛のつぶらな瞳。
カクレクマノミもドンコも同じ魚。
かわいいもかわいそうも含めて、我々はたくさんの命を頂いて生きている。
家族で動物園へ行った帰り道、こういうことをやさしくやわらかく話して聞かせてあげることができる大人が増えるといいなと思うのです。

さて、いつものごとく、だらだらと書きましたが、書きながらいつも思うのは、こういうことをわかりやすく簡潔に表現できたらな、ということ。全然近づくことができないので、もうあきらめているフシもありますけどね。
先日新聞広告クリエーティブコンテストの2014年度入賞作が発表されました。
新聞紙面の一面を使った広告だったから、目にした人も多いと思います。
今年、最優秀賞に輝いた「命の交換」、優秀賞の「動物図鑑」、大好きです。
下の方にある【審査の最終段階まで残った作品】たちも大好きです。
死ぬまでに一本でもいいから残したいですね。人の心を揺らす、自分も納得ができる文章を。
DSC_8541
さあ、明日もおいしい食事をしましょう。
食べられてよかった、と思ってもらえるように、楽しく、おいしく。