とねりの庭

下々ノ者ノ下ノ庭


14件のコメント

届け、この想い。

ティーバッグが正しいんですけど、ティーパックと言うのも(納得はしないけど)まぁしゃーねーか、と思います。ここは日本だし、和製英語ってことでね。
でもティーバックはねーよ。
目では楽しめるけど、飲むのはカンベンっす。
niso_8203
さて、ここ数日の寒さのせいなのか、どうにもお腹がゆるうございまして。
ゆるうございましてというより、もはや梨汁ナントカみたいな感じですけど。
かの如き日々にございますと、My下のおちょぼ口もやさぐれ気味にてあな痛し。

そんな時に限って目に遭いますね。
外出先で入った個室のウォッシュレットがもーなんつーか水遁剛破水流。
「ビーーーーーッ!!」って。
岩石にすら穴穿つであろう暴流が俺の荒れたデリケートゾーン直撃ス。
「ビーーーーーッ!!」って。

眉毛が上がりました。EXILEのサングラスじゃないほうのヴォーカルよりも上がった。
すぐに、反射的に慌てつつ止めはしましたが、でもやっぱちゃんと洗いたいじゃないっすか。
でー、水勢を調節すべくコントロールユニットを見ると、ダイヤル式なんです。
ボタン式の〈弱・・・・・強〉こんなんじゃなくて、アナログなダイヤル式。
これを最弱方向に止まるまで回しまして、改めてスイッチオン。
「ヂョロヂョロヂョロヂョロ……」
あー、放水部の洗浄ですね。
「ヂョロヂョロヂョロヂョロヂョロヂョロヂョロヂョロ……」
待てど暮らせど来ません。待人不来。
身体を前屈させ、首をぐぐーっと曲げて、両股の間から覗き見ますと、温水は出ています。1cmほど。
どうやら放水部の洗浄ではなくて、これが最弱のご様子です。
これは届きません。届く気配もありません。まるでキミへの想いのようですララルララ。
どんだけ弱だよ。

しかたがないので、アナログダイヤルを中程までまわs
「ビーーーーーッ!!」
ひぃっと声が漏れます。剛破水流なので。
また慌てて最弱に戻します。
「ヂョロヂョロヂョロヂョロ……」
キミへの想いですねわかります。

今度は慎重に、ゆっくりと、精密機械のオペレータの如く指先に神経を集中させてダイヤルを回しましょう。
「ヂョロヂョロヂョロヂョロ……」
5度回転。
「ヂョロヂョロヂョロヂョロ……」
まだ届かぬ。

10度回転。
「ヂョロヂョロヂョロヂョロ……」
まだだ……。

15度……どう……だ……。
「ヂョロヂョロヂョロヂョロ……」
なぜ……届かぬのだ……。

20d「ビーーーーーッ!!」
剛破水流が生じさせるTAKAHIRO眉毛。

なるほど、アナログなダイヤル式と見せかけておいて実際は二択と。
喩えるならば、ヒーリングミュージックフェードアウトしつつのデスメタルフェードインと、なるほど。
って、極端すぎるわ!