とねりの庭

下々ノ者ノ下ノ庭

宝田Ⅱ

10件のコメント

コンクリート製のベンチで連想するのはタカラダニ。
ワラワラと群れる彼らを見たければ、ハマヒルガオを探すといいでしょう。

1mmもないような赤いダニなんですが、潰れると赤い汁が出るんですよね。
これがいるからあんまり座りたくありません。
でも木製だろうがプラスチック製だろうが、きっといるのでしょうね、見えにくいだけで。
この世の中、知らぬが仏ってのはいっぱいあるものです。
niso14_228
「知らぬが仏」と「言わぬが花」は正しい言葉ですが、「知らぬが花」は誤りです。
なお、「矢口らぬがイム」だとなんだかわかりませんのでご注意ください。

作成者: にそ丸

■東京から一番時間距離のあるまち、岩手県宮古市のとある庭から見える田舎の風景を。

宝田Ⅱ」への10件のフィードバック

  1. あら、素敵な写真~と思ったら、ブログで笑えましたXD

    • 終始落ち着いていられればかっこいいのでしょうけど、「明るくひょうきんなのはいいところですが、落ち着きがなく……」と書かれたタイプです。どうしても笑いを求めちゃうんですよね。とほほーん。

  2. 座布団10枚!

  3. 仏にはすぐになるんですけど、花にはなかなかなれず。ついつい話してしまいますー(^_-)

    • わーかーるー! 私もそのクチだから。
      男こそ沈黙は金としているべきなんだけどね。
      きっと中身がオネエなんだな。

  4. イヒ!
    …すみません、なんとなく思い出したもので。(旭化成)

    • 少々おでこが広いメガネのおっさん、私の中では高好感度だったなあ。
      も少し古いと、ウラジミールキュプラスキーとかもあったなあ、旭化成。なるほど・ザ・ワールドとつながって思い出されます。
      イヒ!

  5. 白黒の写真に存在感がありますね。話が活きます。

    • ありがとうございます。さもない独り言でしたので恐縮です。
      春よりも濃さを増した初夏の影でした。
      自然石はすり減ることはあっても何千年と壊れないのに、人工物のセメントはなんと脆いことか。ここ盛岡城跡公園で改めて感じたのでした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中