とねりの庭

下々ノ者ノ下ノ庭

生きとし生けるもの。

12件のコメント

niso_y_005

なめくじに会えそうな路地-宮古市和見町

痩せて汚れた老猫の
あとを追ってきてみれば
歪んだ塩ビ波板の道
悲喜こもごもを見守ってきた道

作成者: にそ丸

■東京から一番時間距離のあるまち、岩手県宮古市のとある庭から見える田舎の風景を。

生きとし生けるもの。」への12件のフィードバック

  1. 見ただけで、スネがかりーです。
    蚊取り線香をたがねーば。

    • おらーはーまーやってーだ
      だっけーにほれムスヨゲせぇってさべったーべーすかー
      キンカンもムヒもあっけーにすぎなーのんぬっとがんせー

  2. 老いとは、失われ損なわれ壊れていくものかなと、
    明日をどう生きようかと嘆くこころも、
    こんなふうに補いあい支えあえる道があることに、
    それもまた悪くはないかと救いを見るようでもあり、
    切なく胸がつまるようでもあり…。

    • すべからく我々は地球の一部です。
      自分の中の細胞がそうであるように、星の一部である住人の生も死も自然の営み。
      それを甘受するとも考えず、ただ死ぬまで精一杯生きる。
      それが自然であり、至福ですから、つまりは至福は自分の周りにあふれているということです。
      ニーソマール

  3. かくれんぼに使えそうな場所だけれど、じーっと隠れているうちに、あちこちが痒くなりそう。
    でも、隠れ続ける….。痒くて痒くて、後で後悔するに決まっているんだけれどね。
    そんな子供時代を思い出しました。

    • そうそうそうだったわー。
      虫だとか汚れるとかに気を取られなかったあの頃。
      ゲームとかよりもぜぇーったい大切なはず。

  4. あー。ぜーったいカタツムリやダンゴムシがいますねー(^_-)

  5. 右横のプラスチックのトタンが気になって仕方がないですXD !!!

    • いい出汁がとれそうですよね。
      設置当時は、真っ直ぐ立っていたんでしょうけど、なんでこんなになっちゃったんだか。

  6. にそ丸さんって、詩人。Poet。
    ↑のSachieさんのコメントと同じことを考えてしまった(笑) でも隠れている間におトイレに行きたくなりそう。

    • 子供なら、だまって立ちションっす。←当時の大人からしたら、さぞ迷惑だったろなあ。

      以前は臆面もなくこんなのを書いていましたが、近頃はめっきり出番が少なくなりました。
      自己分析するに、それは震災のせい。今は随分と健康な精神状態なもんだから、こんな詩人げなチャンネルには同調しなくなってきたみたい。
      そんでもたまーにこんなのを書きたくなったりします。でも至って健やかですけどね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中