とねりの庭

下々ノ者ノ下ノ庭


14件のコメント

餞。

今夜は記者クラブの送別会でした。
どの社も1~3年ほどで異動して行く一方、転勤のない私にとっての送別会は、ひたすら送り出すだけでして、思えばそれを20年以上続けてきたことになりますが、この今の自分の位置づけは気に入っています。

NHKだけは決まって1年で入れ替わります。さすがに1年だけだと特別な感情も湧きません。
でも4年とか時には5年も当地に居た人が転勤するとなると、やはり寂しさはあります。特に震災時とその後数年を一緒に歩いてきた人には、戦友などという言葉を使いたくなったりします。

今回の主役は、2013年の9月に赴任してきましたので、2年は経っていません。
赴任当初から愚痴っぽくて、カラ文句の多い人でしたが、そこに暗さはなくて、愚痴なのにカラっとしているというのか、つまりは一般的な湿度のある悪口陰口ではなくて、記者なら誰もが感じてはいるけれど言いにくいことをサラっと言えて、罪がない感じのする不思議なキャラクターでした。
そんなこともあってなんだか印象深い人でしたので、短い期間の関係ではありましたが、今夜は少々感傷的になりました。
彼女の洋々たる前途を祈りつつ餞の言葉を述べてきましたが、私などの言葉など要らないほどに、カラッと爽やか且つ堂々と記者人生を歩いてゆくものと思いますし、そうに違いないと信じています。
niso14_290

余談ですが、当地の特徴として、赴任してきた人は、必ず体重を増やして去っていきます。
それだけ食べ物がうまく、暮らしやすい土地である裏付けなのではないかと思います。
もしもあなたがお勤めの会社の異動候補地に「岩手県宮古市」を見つけたなら、どうぞ安心して挙手してください。
本州最東端の地にてお待ちしております。


6件のコメント

ライカQ? くれるならもらっとくよ。

85万円の請求書作ったのなんて10年ぶりくらいだわ(笑)。
さもしい書き出しとなりましたが、先月にとりかかった仕事がようやく終わったごほうびビール後ってことでお許しを。
これがあたしの懐温度に直結するんなら、もっとウマかったんでしょうけど、まあ至って普通のビール味でした。

以前、建機レンタルの社長と話したんだけど、出納のケタの違いに、ただ笑うしかなかったっけなあ。
ま、零細企業なりの楽しさもあるし、好きな仕事に就けてるってだけで、とんでもなくラッキーマン。
明日からはまた別のスペシャル仕事も始まるし、まだしばらくは退屈のお世話にならずにすみそうだな。
niso14_299
とりあえず髪切りたい。あと夏服買いに行きたい。
あとあと、おいしい冷やし中華食べたい。


10件のコメント

紳士ではなく男子でもなく。

出社してまずコーヒーを入れられる彼。
インスタントなので「淹れます」は少々面映い。

お昼は洗われないままお椀役をさせられます。
インスタント味噌汁は切らしません。

食後は伊右衛門のティーバッグを放り込みます。
もちろん洗いませんので、よくネギが浮いています。

午後はまたコーヒーが入るマグ本来の仕事に戻ります。
彼がようやく洗ってもらえるのは、私の退社前。
niso14_305
食後の飯茶碗に茶を注いで飲むじいちゃん
アルマイト弁当箱の蓋で番茶を飲む教師
うへぇと思っていた少年にそ丸の心はいずこ。

この行いは、紳士ではなく、男子でもない。
品がないおっさんそのものじゃねーかよ!
と思いつつも、正す気など微塵もないのでござる。