とねりの庭

下々ノ者ノ下ノ庭


20件のコメント

外気35℃まではいってないけど。

niso15_1108
職場のエアコンが効かない。まだ設置から二度目の夏なのに。
暑いの好きな私は構わないけれど、毎日不満気な顔の上司を見るのは辛い。
たしかに、設定温度22℃であっても、快適とはいえないであろう体感温度だ。
私の自宅には扇風機しか無いので、対処法がわからないが、古くもないエアコンが冷えない時の一般論としては、フィルターや室外機あたりだろうと目星をつけてみる。
フィルターは自動おそうじ機能のおかげか、いたってきれい。では室外機はというと、こちらもまたきれいなもので、直射日光にさらされているわけでもなし。
今まで「OFF」以外のスイッチを押したことがないリモコンを見ると、「冷房」の「22℃」の風量「自動」。
扇風機男はひらめきます。風量上げたら涼しくなるんじゃねーの?と。
自動の他に4段階ある風量を3まで上げますと、ものの数分でデパ地下レベルに冷えっ冷え。冷えすぎて上司も笑う。
設定温度を26℃まで上げても、まだ涼しすぎるほどだったので、結局28℃で落ち着いたところ。
私にとってはもう少し上げてもいいくらいだけど、上司は快適なそうだ。私も心地いいといえば心地いいし、なにより機嫌が悪い人がいないことは快適だ。
めでたしめでたし。
niso15_944
平成の「自動」もあてになんねぇなぁと首をひねるウミネコ。


14件のコメント

付喪神(早生種)。

母さん、僕のあのiPod、どうしたんでしょうね。
niso14_283
「ほれ、にそ丸。これ、おめさんのあいぽっとだべ?○○さんが市場んどごで拾ったって。よぐ分がらねけど、中を見たら、おめさんの名前がなんぼもあったっけぇに間違いねぇべ、って届げでけだっけがえ。」

こんな訛ってはいないけど、こんなとこです。
お礼に伺って訊ねたところ、決め手は「メモ」だったそうです。
このメモを使って取材のキャプションを書いているのですが、そこには名前と社名支局名も書いていまして、それが決め手になったとのことでした。

落としてから雨も降らず、パスワードロックもない古い機種で、ある程度使い方がわかる感のいい人が拾って、それがおふくろの知り合いで、私とは直接会ったことはないけど、私の仕事をご存知だった。
そして、これが多分6回目くらいの帰還。
「奇跡」とはいえそうだけど、もう「偶然」というには回数が多いような気もする。
niso14_211
まだポチっていないけど、新しいiPod買っちゃダメな気がしてきた。


4件のコメント

サヨナラカラー。

niso14_230
とうとうなくした。
4年使ったiPod touch 4。
薄くて小さめで角がないデザインが好きだった。
5,6回なくしかけたけど、ちゃんと帰ってきてくれてたっけなあ。

これを機にスマホデビューすべきかなあとも思ったけど、
折しも第6世代のiPod touchが発売になったばかり。
これは啓示なんだな、きっと。
おまえはガラケーがお似合いじゃ、iPodにしとけ。てなもんで。

感傷的にはなっていません。
さ、何色にすんべかのぅ。


6件のコメント

キャラメルの道。

niso_y_004
一番に思い出すのは森永ミルクキャラメル。
カード入りの森永ハイソフトも好きだった。
明治クリームキャラメルもたまに食べた。
同じ明治のヨーグルトキャラメルはあまり食べなかった。
一番買ったキャラメルはきっとバラ売りのサイコロキャラメル。

この道もキャラメルを食べながら歩いた道。
最後に食べたのはいつだったろう。


4件のコメント

昭和遺構のある海。

niso14_301
無線標識局跡(藤の川海水浴場─宮古市)

GPSやレーダーが発達する以前、船の安全を担ってたのは無線標識局だったそうな。
コースビーコンとも呼ばれていて、決まった方向へ一定の電波を発射し続けるだけの施設。
先輩に聞いたところ、アンテナと箱っぽいものが建っていたけど、40年以上前にはもう無かった気がする。いつからあるかはワガンネ、とのこと。
niso14_293
市指定海水浴場はふたつ。浄土ヶ浜とここ藤の川。
浄土ヶ浜と違って、駐車場からすぐに海という手軽さがいいね。
niso14_296
景色、設備、売店なんかで比べるなら、断然、浄土ヶ浜>藤の川だけど、
歩く距離を考えると、藤の川>>>>>浄土ヶ浜になっちゃう。
niso14_303
浄土ヶ浜は県外からの客も多いので、おしゃれな水着を見たい人にはいいかもしれん。
藤の川はね、なんか庶民の海水浴場って感じ。
niso14_302
ただし、駐車場小さい。台数停められない。行くなら早い時間にするべし。
道路挟んだところにルートインがあるので、そこに泊るなら駐車場の心配しなくていいかもね。
niso14_300
そういえば、天野こころがここで一本撮ってたっけな。