とねりの庭

下々ノ者ノ下ノ庭


18件のコメント

透明。

niso_16105
彼女のリクエストに応え、冬の海岸へと車を走らせた。
駐車場に着き助手席から降りると、んーっと背伸び。よしっと小さく気合を入れたかと思ったら、波打ち際に向かって元気に駆け出していった。
私はというと、ようやくマフラーを巻き終え、もそもそと後部座席のバッグからカメラを取り出している。
厚ぼったいマフラーの上にカメラのストラップを掛けながら彼女を探すと、遠くで片足立ちになり、よろけているのが見えた。なにやってんだか、と眉を下げながら砂浜を歩いてゆく。遠巻きにも、そのいたずらな笑顔が冷たい冬の風でほんのり紅く染まっているのが見て取れた。
「海入るっ!」
私たち二人しかいない海岸に、彼女の元気な声が響いた。
「タオルないぞー」
現実的な私の声は、彼女のきゃあきゃあという歓声に押し返された。

niso_16107