とねりの庭

下々ノ者ノ下ノ庭


2件のコメント

じぇじぇじぇ。

四国四県とほぼ同じ広さでありながら県としては一つ。
そのくらいぼくの住む岩手県は広い。

岩手県久慈市でロケが行われている某局の「あまちゃん」。ぼくも可能な限りはーであるが観ている。
ドラマティックすぎない展開、散りばめられた小さな笑いどころを見るにつけ、月9よりは朝ドラが合ってると思うよ、クドカン。などと、いったい何様よ的なポジション且つ絶対的他局ポジションで好き勝手申しますが、大好きです。

その久慈市とぼくが住む宮古市は、同じ岩手県の同じリアス式な三陸沿岸にあります。
そのくせその距離は車で2時間。けっして近いとはいえない距離。
どのくらい離れているかというと、わが宮古市では「じぇじぇじぇ」など絶対に言わないディスタンス。
言うとしたら「づぁ」。一発の「づぁ」。「づぁーーー」と伸ばすことはあっても繰り返さない。そのくらい久慈市と宮古市は遠いのだ!(?)

そんな「となり町」とも呼べない場所であっても、同県というだけで特別視しちゃうのはしかたのないことだと力説せずにはいられないほど、よき田舎なのが岩手県なのだーと言ってみる。

さーて、そんな人気ドラマのロケ地とも離れた宮古市であるが、明日はAKBメンバーがやってくるという。
しかもあまちゃんでいうところの北鉄こと三陸鉄道の一日駅長とかやっちゃうらしい。
渡辺麻友、秋元才加、梅田彩佳を併せた7名なんだって。
ぼくも取材してきますよ!有名人を!人生二度目のナマ岡田タン取材!
今回は弁護士さんとのツーショットを狙います。
がんばるぞー(棒読み
niso13_591
岡田が何者か解らなくても大丈夫です。お気になさらず。


コメントする

さようなら。

また会える。
それが希望だった。
そして、また会えた。
うれしかった。
素直にうれしかった。

長く厳しい冬。
その先にある春。
今年も裏切ることなく来てくれた春。
その希望、叶えられた再会の4月。
ぼくにとっての特別な月、4月。

今年もありがとう。
また来年会おうね。

さようなら、4月。

niso13_463
ありがとう。


2件のコメント

天国までの74マイル

海と踏切が一緒にいる風景が好きで。

眺めていると、なんだか胸がぎゅっとなる。
でも、子供の頃に見た原風景というわけではない。
なぜなら、宮古にほとんどないから。というか、ぼくが知らないだけか。
だからこの感情は憧憬(しょうけい)からくるものだと思う。

niso13_480
今度は日の出を見に来よう。120kmの道のりはなかなかだけど。
JR八戸線大浜通踏切


コメントする

ただいま。

友人の裏切りに私は激昴した。

上の文に違和感がありますか?
じゃこれは?

谷村新司の代表曲「昂」。

いかがですか?

旅先から帰社したぼくの最初の仕事が誤字訂正だったんだけど、こりゃ気が付かないやって思った。
正しくは、「激昂」と「昴」。
niso13_481_1
旅はいいね。仕事と云えどもいいもんだ。


コメントする

経年劣化を理解す。

アウトプットばかり続けていたけど、別にそんな困ることなんかないじゃん。
そう思っていたが、チガウ!!! 感じていなかっただけー!
感じない=鈍感=感性が鈍っているってことでアウト!!

そんなことにすら気づけなくなるほどの脳枯渇怖いコワイ。
気づけてよかったよー、うん、インプットだいじ。
無理して時間作ってでもするべきです。

そう。40を越えたら、なおさら。
niso12_344
感情も言葉も消耗品なのかもな。