とねりの庭

下々ノ者ノ下ノ庭


20件のコメント

昨日は大雨、今日は晴れ。

niso14_286
初試写:Ai Nikkor 50mm F1.2S D7000 6月9日午後7時

「もうデジカメしか使わないし、なによりマット面でピント取れなくなってさ」
先月始め、雑誌を作っている大先輩がそんなことをこぼした。
じゃあ譲ってくださいよ! 一生大切に使いますからっ!! の熱い願いが聞き入れられて、交渉成立。
本当はその会話していた足で行きたかったけど、仕事はあるし手持ちはないしで、ようやくこの月曜日に受け取ってきました。
niso14_284
さっそくビックカメラでバッグとストラップを買ってあげました。
カメラ
・NEW FM2
・F2フォトミックAS
レンズ
・Ai Nikkor 20mm f3.5S(Sはたぶん)
・Ai Nikkor 50mm f1.2S
・Ai Micro-Nikkor 55mm f3.5(おそらく5代目)

使わなくなって何年も経ってるとのことでしたが、さすがは機械式の名機、空打ちしてみた限り大きな問題はなさそうでした。
電池を入れてみると、2台とも露出目安のLEDは作動しますが、ASファインダー(DP-12)は結構汚れていて、シャッタースピードや絞りは読み取れませんでした。
いわゆる「がちゃがちゃ」も、カニ爪との咬み合いが甘くて(?)外れがち。
マニュアル撮影に問題はないし、いずれはアイレベルに付け替えようかと画策していますが、清掃やモルトの交換もしたいところなので、一度オーバーホールに出す予定です。

フィルムも買ったし、すぐにでも装填して出かけたいところですが、まだ今月も気ぜわしいので、それは少し落ち着いてからにします。
が、レンズだけは使ってみたい! DXフォーマットのD7000だけど使ってみる!
と、むりやり仕事に区切りをつけ、雨上がりの暗い夕暮れ時に50/1.2sを連れての徘徊です。
niso14_287
なにせf1.2。ファインダーを覗いても、自分の見た目とさして変わらない明るさ(充分暗い時間ですが)。
フォーカスアシストもあるので、問題なく撮れました。
しかし、身体がわずかに前後するだけで外れますので、仕事だったら三脚使用ですね。
niso14_288
こんな構図だとフォーカスアシストもアテにできません。
しかも中腰でふらついた身体だとダメですね。3枚撮りましたが、結局しずくに合焦できませんでした。

ここで日没タイムアップ。
20mmと55マイクロは試すこともできないままでしたが、なにも焦ることはないし、
今までと変わらないペースで、のんびり写真を楽しんでまいります。

むふふふふうっふうふっふふふふふふうふうふふふふふふふふふふf


6件のコメント

ネコとゴリラ。

ヨシッ! とかyes! って感じの小さなガッツポーズもしくはカメラに向かって「がんばりますっ!」って時に、前腕と手首の角度が真っ直ぐあるいは内側に向かって曲がっていると男らしく見え、逆に手首が外に向かって曲がっていると女性らしく見える。
さらには、ワキを開くと男らしく、閉じれば女らしいし、もっと細かく見るなら、親指を曲げていわゆる正拳にすれば男らしく、親指は曲げずに人差し指が作る渦巻きにそえるようにすればより女っぽいように思う。

誰に教わるでもなく、「男らしく見える」と感じたり「女っぽい」と思ったりするのはなぜか。
推測するしかないが、きっと相当数のポーズやシチュエーションを目の当たりにして、自分の脳が学習してきたからなのではなかろうか。

テレビで様々なスポーツを観るときにも、そんなところが気になって仕方がない。
女子卓球の福原と石川は、実に女的。一方、女子レスリングの吉田や伊調は男的だ。
ちなみに女子サッカーの澤穂希はというと、意外と(失礼)女的。

きっと個人の性格によるところが大きいのだとは思うが、スポーツのジャンルによって変わりやすいということはあるのかも知れない。
つまり、格技などでは女子も男型になりがち──など。
思い立ち、少しだけグーグルで調べてみると、ヤワラちゃんについてはどっちも見られ、結果中性的とスッキリしなかった。
女子水泳は両方居るが男型も多く見られた。
女子テニスや女子ゴルフはほとんど女型(女形ではない)だった。
これについては継続して調査してみるといいだろう。私はしないが。

では逆に、女っぽいカタチをする男子スポーツ選手はいるのだろうか。
これはなかなか見つけられなかった。
色眼鏡的先入観で男子フィギュアスケートの羽生を物色したが、まあ親指がちょっと、ぽいかなー、ぽいかもなー程度で、結局スポーツ選手ではないKABA.ちゃんとクリス松村の画像を鑑賞して終了した。
以上、途中で飽きたので中途半端なオチになった、ガッツポーズで見るジェンダーのお話でした。

余談だが、金子貴俊は女型でした。
niso_8198
長時間ヒジにハンドバッグや買い物カゴを下げられるのは、筋力ではなくて腕筋肉構造の男女差ですを表す長時間露光テスト。


22件のコメント

ウマいと肥ゆる。

 

天が高くなってきた。

めしウマい。
果物もウマい。
菓子だってウマい。

ずっと前から。

来るべき秋を先取りしまして、お先に太っておきました。
春先から比べてすでに10kgもグラマラス。

この秋は、ワガママボディで攻めちゃうぞ☆

niso_8197
運動? なにそれウマいの?


4件のコメント

潤い乞い。

関東甲信越が梅雨入りしたから、東北もぼちぼちかと待ち構える日々だった。
もう待ちくたびれて、気分は巌流島の小次郎。
このままいくと、梅雨の目論見通り返り討ちになるのかな。
それも困るので、焦れずに待とうホトトギス。

思えばここのところ映画も本も目にしていない。
これはいけません。
心が乾きます。
地には雨、心には感動を。
そう、潤いのないところに緑は育たない。

聞けば空梅雨だという。
しかもこのまま行けば取水制限もありやなしやとかいうレベルらしい。
うーん。
去年は四国関西で豪雨による水害があって、今年はこんなですか。
どうぞちょうどいい塩梅でお願いしますよ、お天道さま。
niso_3776
そうだ、図書館行こう。


コメントする

バランス。

今日は稚アユ放流の取材で始まった。
太陽と青空、山の緑まで映す清流が目に眩しく、本当にいい季節になったもんだと嬉しくなった。

膝よりも深く、ざあざあと流れる川を、転ばないように気をつけながら歩くのは、なかなかに体力を使う。
気をつけていたものの川底に足を取られ、右腕一本肩まで水没。上着ビッショビショ。
それにしてもハウジングしたカメラで、ほ ん と う に、よかった。

取材が終わる頃には、うっすらと汗ばんでいた。
道路に設置された気温計を見ると26℃。どうりで。
それでも山から吹き降ろす風はひんやりと気持ちよく、本当にいい季節に以下同文。

その足で次の現場、市内では有名なツツジの名所へ向かう。
高さ40m幅70mもの山の斜面を埋めるピンク、赤、朱色、紫のツツジ郡は見事の一言。
三脚とカメラを担いで急峻な斜面を登り降りするうちに、ビッショビショだった袖はすっかり乾いていた。
本当にいい季節(以下ry

思えば、目覚めてからやたらと鮮やかで眩しい生命に満ちた天然色を浴びまくった。
こりゃちょっと浴びすぎかもしれない。
色あたり、元気あたりしそうなので、寂しげなB/W写真をアップして落ち着くべし。
niso13_593
土に戻り中。